» 電源装置

2019-08-07
カテゴリトップ>生産地・生産者別>フランス>ボルドー格付け&生産地
シャトー マルゴー [2001]年 750ml
≪2001年ボルドー・ベスト・ワイン≫【フランス】ボルドー 赤】【赤ワイン】【フルボディ】
2001 Chateau Margaux / Bordeaux Red Dry
シャトー マルゴー 2001

当該商品は自社販売と在庫を共有しているため、在庫更新のタイミングにより、
在庫切れの場合やむをえずキャンセルさせていただく可能性があります。

格付け ボルドー・メドック地区格付第1級(1855年)
A O C マルゴー
畑位置 マルゴー村
畑面積 78ha
年間生産量 2001ヴィンテージ:12,500ケース】約15万本(平均:約 20万本)
平均樹齢 35年以上
ブドウ品種 2001ヴィンテージ:カベルネ・ソーヴィニョン82% メルロ7% プティ・ヴェルド7% カベルネ・フラン4%
 (平均:カベルネ・ソーヴィニョン75%、メルロ20%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド併せて5%)
収 穫 全て手摘み後、畑とワイナリーでの二段階選別を実施。(収穫開始:2004.10】1)
醗 酵 醗酵はオークの醗酵槽のなかで3週間
熟 成 新樽100%のオーク樽で18ヶ月〜2年間
諸処理 3ヵ月後との澱引き作業と卵白による清澄処理は行われるが、瓶詰め前の濾過処理は行わない。
タイプ 赤のフルボディ
特 徴 長い瓶熟成を経て花開くワインは華麗で繊細で、また、美しい余韻をもち力強さの中に柔らかさがあり、エレガント(優美)な飲み易いスタイル。
また、カベルネ・ソーヴィニョンの比率が高いため時間の経過とともにより特徴が出てくる、持久力のあるタイプ。
料理
チーズ
牛のヒレ肉の網焼きや牛ヒレのステーキ・バターソースや赤ワインソース、牛赤身肉のカツレツなどが合う。
チーズでは、白カビソフトタイプのカマンベール、ウォッシュタイプ・ソフトのポンレヴェックやショーム、青カビタイプのスティルトンなど。
セカンド パヴィヨン・ルージュ・デュ・CH.マルゴー
2001
ヴィンテージ
情報
ヴィンテージチャート:18】20点
アドヴォケイト・ヴィンテージガイド:90点
「2001年ボルドー・ベスト・ワイン」にマルゴーから選ばれた7つのワインの一つ。
 ボルドーの2001年は、生産者がテロワールを表現する努力を行っており、より古典的なスタイルの、素晴らしく純粋な果実味とバランスのとれたタンニン、広い範囲にわたった風味を備えた赤ワインが誕生。
※ボルドー委員会2001ヴィンテージ情報:
 2001年は冬と春の初めに特に雨が多く、5月から8月は気温が上がり、湿度が高くなり、9月もまた雨が多かったため、収穫の時期の決定が困難でしたが、その後10月にインディアン・サマー(小春日和)が訪れ、ボトリティス・シネレア菌もがうまく付着。
 2001年の赤ワインは、品質にばらつきがありますが、総体的にとてもフルーティーで、色が濃く、タンニンが豊富で、濃密でバランスのとれた構造を伴うワインになりました。
パーカー氏評価(2004.6):93点
 CH.マルゴー2001は、瓶詰めされたら更に出来が良くなっており、いくらか1995年と1999年の双方を偲ばる、エレガントな、継ぎ目のないつくりを見せている作品です。
花やクレーム・ド・カシス、ブラックベリーや西洋過ぎの見事な芳香を放つ、外交的で豪華な美酒で、2001ヴィンテージの最もエレガントなワインの一つ
予想飲み頃は、2004年から 2024年あたり。
スペクテーター誌評価(2004.3.31):92点
 花やカラント、ミネラルやベリーに香ばしい樽の趣が加わった、なんとも言い難いほどの凄い芳香を放ち、中位から重量級の重さとコクを持ち、目を見張るほど洗練された果実味を芯にして、燻煙っぽさ、土、ベリーやたっぷりとした肉付きのよい個性が備わり、優しく撫でられるような余韻が長く続きます。
予想飲み頃は、2006年以降あたりから。
シャトーコメント(2002.5):
 CH.マルゴー2001には、薫り高い純粋さと偉大なヴィンテージに感じる調和のよさが現れています。
プティ・ヴェルドに、偉大なカベルネ・ソーヴィニョンの花と果実の芳香を主体としたスパイスの風味が加わり、もちろん2000ヴィンテージよりもと言うほどでもないにしても、柔らかな印象ながらも平均的な密度をそなえており、その非常に長い余韻は、注目に値します。
CH.マルゴー2001は、ほとんどが1年の樽熟成の後に、マルゴーにとって、とても素晴らしいヴィンテージとしてその地位が確認され、薫り高い純粋さ、しっかりとした痕跡のオークの風味を持ち、口の中では、予想通りのたくましい堅固な構成が感じられますが、そこには、驚かされるような力の次元を秘めています。


★2001年で最もエレガントで外向的な豪華美酒★
≪2001年ボルドー・ベスト・ワイン≫
CH.マルゴー 2001年


■シャトー・マルゴー■

 メドック地区四大シャトーのひとつで、ワインの女王にたとえられるボルドーワインの中でも「ボルドーの女王」と呼ばれています。

その歴史は古く、すでに16世紀には名声を残しており、ルイ15世の寵妃マダム・デュ・バリ、マルクス主義で有名なエンゲルス、文豪ヘミングウェイなど多くの著名人を魅了し、中でも、ヘミングウェイは生まれたばかりの孫娘に「このワインのように女性らしく魅力的に育つように・・・・」と"マーゴ(マルゴーの英語読み)"という名を贈り、この娘が後に映画女優のマーゴ・ヘミングウェイになったことはよく知られているところです。

 17世紀には、赤ブドウと白ブドウの樹を区別し、赤ブドウからは赤ワインを、白ブドウからは白ワインをという歴史的貢献を果たすことになる試みをおこない、ボルドーの「グラン・ヴァン(偉大なワイン)」の名声を確立。

その後は、所有者が転々と変わり、1950年に株を買い占めたボルドーのネゴシアンのジネステ社の手に渡りますが、オイルショックやボルドーワイン大暴落のワインゲート事件の影響を受け痛手を負い、1977年にアンドレ・メンツェロプーロスが買収しエミル・ペイノー博士の指導のもと伝統的なワイン造りを理想とした徹底的な改革を施し、メドックワインのトップとして安定した高品質のワインを産出しています。

1992年より、イタリアのフィアットが資本参加しますが、総支配人のポール・ポンタリエとともに父アンドレを跡を引き継いだコリーヌ・メンツェプーロ女史がス引き続いて運営しています。
2003年、コリーヌ・メンツェロプーロス氏がフィアットより全ての所有権を購入し、単独所有者となっています。(・・・詳細&一覧)


※ボルドー赤2001ヴィンテージ情報:
 テロワールを表現する努力を行っており、より古典的なスタイルのボルドーの2001年の赤ワインは、素晴らしく純粋な果実味とバランスのとれたタンニン、広い範囲にわたった風味を備えたものが誕生し、CH.マルゴー2001は「2001年ボルドー・ベスト・ワイン」にマルゴーから選ばれた7つのワインの一つ。
※WA:93点 】 WS:92点 (詳細はこのページの下方に)


★2001年で最優雅な外交的豪華美酒★ シャトー・マルゴー
価格
65,000円 (税込70,200 円)送料無料
1日〜2日以内に発送予定。(土日祝除く)
残りあと2本です
個数
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便

ページ上部へ戻る